TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

「中立の傍観者を名乗った後でニセ科学批判者たちに一人勝ちする方法」を考えました

 次のツイートを読みました。

Mizuho.H on Twitter: "311以降、「科学的エビデンス」の重要性は増してきましたが、HPVワクチンではそうした知識をもとにするマッチョイズムが透けて見えて、私はそれを疑問視しています。本来であれば、ワクチンにおいて批判されるべきは行政ですよね。エビデンスが揃っているなら再開すればいいと思いますよ、行政が。… https://t.co/Ss5B6ho0HL"

次のはてなブックマークも読みました。

はてなブックマーク - Mizuho.Hさんのツイート: "311以降、「科学的エビデンス」の重要性は増してきましたが、HPVワクチンではそうした知識をもとにするマッチョイズムが透けて見えて、私はそれを疑問視していま

 【以下、私の感想文です】

 「世のニセ科学批判者たちのすべてに勝ちたいな」と思ったときは、まず「ニセ科学問題については中立の傍観者」という立場を採用する。

 そして、ニセ科学擁護者とニセ科学批判者のやり取りを「遠く深山の頂きから見下ろす感覚」で、しばらく眺める。

 ころあいを見て、「ニセ科学批判者の主張のダメな部分」を指摘する。

 ニセ科学批判者の主張にダメな部分が見つからなかった場合は、態度にダメ出しする。(例:もっと優しい言葉を使うべきだ、もっと相手の心情に寄り添った対をすべきだ)

 すると、ニセ科学批判者は「そう思うのならば、あなたご自身で手本を見せてください、その際は参考にします」と言ってくるので、「私は中立の傍観者である、ゆえに私自身がニセ科学批判を実行する筋合いはないという理屈になる」と返す。

 これを聞いたニセ科学批判者は、「あかん、まともな議論は形成できそうにない」と判断して去る。

 それを確認したら、次のように述べる。「あのニセ科学批判者は反論をやめて沈黙しました、ゆえに私の主張のほうが正しかったという理屈になります」

 これで、自分が勝ったことになる。

 以上、「絶対の傍観者の立ち位置から世のニセ科学批判者たちにダメ出しして一人勝ちする方法」の考察であった。

【感想、終わります】