TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

「一般人だからエビデンス軽視でも良い立場」という考え方を駆使してニセ科学批判者たちに勝つ方法

(注:この記事は、「議論で常に勝ってしまう自分、最低でもイーブンで議論を終えて完全な負けに追い込まれることを防ぐ自分」という観点で書いて仕上げた記事です)

 ・まずは、ブログを開設する。
 ・次に、科学的に変な内容の記事を書いて公開する。
 例:「この宇宙のどこかに、『罵倒芸イオン』なる物質がある」「これを罵倒芸の論者が摂取すると、disの能力が通常の三倍となる」

 ・これを聞いたニセ科学批判者たちから、総ツッコミをもらう。

 ・釈明する。「この私は、一般人である」
 「一般人は、エビデンス軽視でも良い立場である」
 「ゆえに私は、エビデンス軽視の主張を好きなだけ公開して良いという理屈になる」

 ・もうひとつ釈明する。「科学玄人は、科学素人の変な主張を聞いても、黙って見逃すべき立場である」
 「諸君は、科学玄人である」「私は、科学素人である」
 「ゆえに諸君は、私の『罵倒芸イオンがどうのこうの』という主張にツッコミを入れることなく、『なんじゃそらと思いながらも最後までじっと耐えて拝読しなさいよね』という理屈になる」

 ・これを聞いたニセ科学批判者たちは、「これ以上のやり取りは、ややこしい議論に発展して消耗感が増えるだけだ」と判断して去る。

 ・その後ろ姿を確認したら、勝利宣言する。「あの者たちは、なんら有効な反論ができず沈黙した」
 「ゆえに、私の『罵倒芸イオンうんぬん』という主張は科学的に正しかったという理屈になる」

 ・ミッションコンプリートである。

 以上、「一般人だからエビデンス軽視でも良い立場」という考え方を駆使してニセ科学批判者たちに勝つ方法であった。
 (この記事は、以下のツイートにインスピレーションして作りました。)

なとろむ on Twitter: "だったらその部分を批判なさればよろしい。その批判に妥当性があれば、あふぴどさんの信頼性が落ちるでしょう。「一般人だから、エビデンス軽視でも良い立場」と自白したり、そういう人のツイートをRTしたりすると信頼性が落ちるのと同様に。… "