TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『研究者ならばニセ科学批判をやめるべきと主張した者』

 Aさんが、ニセ科学批判者たちの前で演説しました。
 「諸君は、なにかしらの研究をしている者たちである」
 「とろこで研究者は、本業以外のことをしてはいけない立場である」
 「ゆえに諸君は、ニセ科学批判などという本業から外れた活動を、今後ひとつもしてはいけないという理屈になる」

 

 「ちなみに私自身も研究者であり、本業以外のことはしないと固く誓っている」
 「しかしながら、『ニセ科学批判批判』だけは、例外的に好き放題で実行しても良いと決めている」
 「ゆえに、これからも諸君の全員から、『分かりましたので本業に専念してください』と言われるほどにニセ科学批判批判を聞かせてあげよう」

 

 聞き終えたニセ科学批判者たちは、感想を述べました。

 「いままで数々の傍観者さんが現れて演説をぶってくれましたが、今回も全く同じ内容の演説で新鮮味がなかったですね、お疲れさまでした」

 

 【教訓】これは、「研究者はニセ科学批判を実行してはいけない立場、そういう私も研究者だが『ニセ科学批判批判』を実行しているのでオーケーの立場」という考えの人に聞かせてあげるお話です。
 (この記事は、次の二つのリンク先にインスピレーションして作りました)

「ニセ科学批判」批判 FAQ - ニセ科学批判まとめ %作成中 - アットウィキ

>「○○はニセ科学である」ということには異論がない人による,ニセ科学批判への批判

>ほっておけばいいじゃん

>「そんなものに関わるより科学者としての本業に専念しろ」

三鷹うい on Twitter: "個人的な告白として、わたしにはその偏見があります。
研究していると、自分の専門以外のニセ科学には反応しないというか、自分の専門以外のデマは気にならないので。
研究者の仕事というより、本来はサイエンスライターの仕事じゃないですかね。研究者は自分の研究してろという感じ。… https://t.co/7lSUMOUWm8"