TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

「だれそれの観測範囲に変な説が入ったときは直ぐに動くべき」と主張してニセ科学批判者たちに勝つ方法

(注:この記事は、「自分はニセ科学問題については第三者で中立の傍観者です」と名乗ったあとで世のすべてのニセ科批判者たちにダメ出しして一人勝ちを収める立場」という観点で書いて仕上げた記事です)

 ・まずは 次のツイートを読む。

安達瑶b「悪漢刑事の遺言」6/13発売です on Twitter: "「日本人固有の遺伝子配列」が「ただ単に金銭目的だけで日本に住みたい」人を排除する「目安」になるとか、どう見てもトンデモさん。原発自主避難者を狂ったように叩くニセ科学バスターさんたちはこういうのスルーなのね。
ニセ科学批判は、やはり安倍政権翼賛なんだと思いました。… https://t.co/4vtF6P0UHp"
 

 ・読み終えたら、以下のはてなブックマークを読む。

はてなブックマーク - 安達瑶b「悪漢刑事の遺言」6/13発売ですさんのツイート: "「日本人固有の遺伝子配列」が「ただ単に金銭目的だけで日本に住みたい」人を排除する「目安」になるとか、どう見てもトンデモ

・読み終えたら、ニセ科学批判者たちの前で主張する。「諸君は怠慢である」
 「adachibさんの観測範囲に変な説が入ったにもかかわらず、諸君はなんら反応していないからである」
 「諸君には、adachibさんの観測範囲に変な説が入ったときには、ただちに対応する義務がある」
 「わかったのならば、さっそく行動を始めたまえ」
 「なお、諸君は次のような返事をしてはいけない」

 【してはいけない返事】
 『そう思うのならば、あなた自身で実行して成果を出してください、その際は参考にします』
 『なにを優先して批判するかは個人の自由ですわ、他人に決められたくないのですわ』
 『僕は専門分野外のことに口を出さないと決めているのだ、なぜならば、知識不足ゆえの的外れな評を言ってしまう可能性が高いからなのだ』

 「このような返事は私の意に沿わない、ゆえに自動的に却下となる」
 「以上で、私の主張を終えるとする」

 ・ドヤ顔を決めて締めくくる。

 ・ミッションコンプリートである。

 以上、「だれそれの観測範囲に変な説が入ったときは直ぐに動くべき」と主張してニセ科学批判者たちに勝つ方法であった。