TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

Mizuho Hashisakoさんの『ニセ科学批判の相対主義者うんぬん』というツイートから常勝のニセ科学批判批判を学ぶ

(注:この記事の【私の感想】の部分には、私の創作が含まれています)

 次のツイートを読みました。

Mizuho.H on Twitter: "ニセ科学批判の相対主義者が行き着く先って、結局、短絡的なウヨ思考に行くのはなんでなんだろう。しょせんは、ニセ科学批判なんてその程度ってことだったのか、うんざり。"

 その後、次の二つのはてなブックマークを読みました。

はてなブックマーク - Mizuho Hashisakoさんのツイート: "ニセ科学批判の相対主義者が行き着く先って、結局、短絡的なウヨ思考に行くのはなんでなんだろう。しょせんは、ニセ科学批判なんてその程度ってことだっ

 

“この場合の相対主義とは、限りなく疑うことを是とする姿勢のことですね。” そんなのを「相対主義」と呼ぶとか初めて見た。「懐疑主義」じゃないのか。 - ublftboのコメント / はてなブックマーク

【以下、私の感想です】
 なるほど、次のような勝ち方があったのか。
 ・まずは、社会学の研究者を名乗る。

 ・次に、ツイッター上で「ニセ科学批判の相対主義者」という言葉を使用しつつ、世のニセ科学批判に対して失望を表明する。

 (追記:ちょちょんまげさんからご指摘がありました)

「失望の表明」のツィートが私は見つけられなかった。もしその部分がブログ主さんの創作なら、その旨を表記しておいた方がいいのでは?「言ってないことを言ったことにされた」という反論が予想される。 - chochonmageのコメント / はてなブックマーク

(なるほどと思いましたので、「失望を表明する」ではなく、「うんざり感を表明する」に言いかえておきます。ちょちょんまげさん、ご指摘ありがとうございました)


 ・その際に、具体的に失望した対象のニセ科学批判者の名前は挙げない。(挙げてしまうと具体論に入ってしまうため、常勝のニセ科学批判批判の達成が危うくなる)
 ・読者から質問される。「ニセ科学批判の相対主義者って、どういう意味ですか」
 ・答えてあげる。「この場合における相対主義とは、限りなく疑うことを是とする姿勢である」
 ・これを聞いた読者から、「それって懐疑主義のことでは? なんだか、言葉の使い方が雑なような? 本当に社会学の研究者なの?」と疑われる。
 ・呆れのお返事をする。「やれやれ、結局あなたもニセ科学批判の相対主義者でしたね、うんざりです」
 ・ミッションコンプリートである。

 このような勝ち方があるとは知らなかった。忘れないうちにメモしておく。
 【以上で、感想を終えます】