TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『ニセ科学的な説を山ほど用意した者』

 その主人公であるAさんは、自ブログで主張しました。
 「私はニセ科学的な説を山ほど用意した、これらを今からすべて公開する」
 「そうすることにより、次のような状況を生み出す」
 ・世のニセ科学信奉者たちが、「理想のブログを発見した」と喜んで集まってくる。
 ・ニセ科学信奉者たちは、夢中で読む。
 ・読んでいるうちに疑念を抱く。「なんだか都合の良いことばかり書いているな? 根拠も今ひとつ信頼性がないし、論理の飛躍が多いし?」
 ・確信に変わる。「このブログにある説は、どれも科学的とは言いがたいものばかりでインチキだ」
 「こうしてニセ科学信奉者たちは、高度な科学リテラシーを身に着けてROMに帰るのであった。めでたし、めでたし」
 「ではさっそく、ニセ科学的な説を山ほど公開する」

 その後、Aさんのブログはネットモヒカン族から山ほど修正されて閉鎖に追い込まれました。

 『教訓:この話は、からめ手のニセ科学批判は成功する可能性が低いという現実を明らかにしています』