TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

SciCom_hayashiさんとNATROMさんのツイートから『永遠にツッコミをもらいながら最終的には勝ってしまうニセ科学批判批判」を模索する

 次の二つのツイートを読みました。

林 衛 on Twitter: "??「拙速」「根拠に基づいた対策が重要」との主張が,匿名医師のなとろむさんにかかると「推奨」だと読めるの??
なぜ? ほかに根拠がある??
https://t.co/1GbEYSKgZi… "

 

なとろむ on Twitter: "前後のツイート読めよ[ https://t.co/ybyQj08MeQ ]。… "

 【以下、私の感想です】
 ふむ、これを参考にしてアレンジすると次のボケ方ができるか?

 その1:まずは、世のニセ科学批判者たちのツイート群から、「一見しただけでは趣旨を把握しにくいツイート」を探す。
 その2:見つけたら、疑義を呈する。「おや? 変な内容のツイートがありますね? 論理を重視しているはずの御方が、一体どうしたのかな?」
 その3:当のニセ科学批判者から説明される。「そのツイートは、連続ツイートの中の一部です。他の関連しているツイートもお読みになってください。私の言いたいことの全体像が把握できます」
 その4:関連ツイートを読む。
 その5:疑義を呈す。「おや? 変な内容のツイートがありますね? 論理を重視しているはずの御方が、一体どうしたのかな?」 
 その6:その3に戻る。

 これで、「永遠にツッコミをもらうニセ科学批判批判」の完成である。
 万が一にも途中でやり取りを打ち切られた場合は、「あのニセ科学批判者は、沈黙して去りました。自説のおかしさに、ようやく気がついたのです。私の指摘のおかげですね(^^)v」と述べて、締めくくる。
 【以上で、私の感想を終えます】