TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

「ウエルチも否定的には言及していない」という言葉を使用してボケる方法を模索する

 次の記事を読みました。

牽強付会の林衛氏――甲状腺がん検診のメリットデメリットをめぐって - Interdisciplinary

 【以下、私の感想です】
 これを参考にすると、次のようなボケ方ができるか?
 ・まずは、ブログを作る。
 ・自己紹介する。
 「読者さま、こんにちは。私は、誰よりも屁理屈を嫌う人です」
 ・自論を公開する。
 「罵倒芸イオンの不存在を証明した科学者は、現時点では一人も居ません」
 「この事実により、罵倒芸オンは実在しているという結論になります」

 「これは、論理的にも正しい結論です」
 ・ニセ科学批判者たちから、総ツッコミをもらう。
 ・釈明する。
 「この罵倒芸イオン実在説については、あのH.ギルバード・ウエルチさんも否定的には言及していません」
 「もちろん、肯定的にも言及していません」
 「皆さんが絶対の信頼を置くウエルチさんすらも、罵倒芸イオン実在説については沈黙を保って様子見の状態です」
 「つまり、ウエルチさんは私の密かな支持者といえます」
 「さて、これでもまだ反論できますか、ニセ科学批判者の皆さん?」
 ・再び総ツッコミをもらう。
 ・ミッションコンプリートである。

 ふむ、「困ったらウエルチさんを引き合いに出してイーブンに持ち込む」という感じで、色んな議論の場で披露ができそうなボケ方である。
 【以上で感想を終えます】