TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

「埋める」という言葉を使用してニセ科学批判者たちに勝つ方法

 

 ・まずは、ブログを作る。
 ・自己紹介する。「ごきげんよう、読者の諸君。私は、『ニセ科学批判評論家』を自称しているブロガーである」
 ・自論を述べる。
 「ネット上におけるニセ科学批判活動は、科学格差を埋める可能性を秘めている」
 「しかしながら、楽観的に科学格差を埋めることは悲観的に難しい」
 「科学リテラシーの格差を埋めるためには、ニセ科学批判者たちの言葉の説得力や論理力の高さなどの、内的で外的な環境要素が大きい」
 「ようするに、実名だろうと匿名だろうとペンネームだろうと、ニセ科学批判者たちの評判は本人たちの態度が淡々から柔和に移行しないから埋まらないの理屈である」
 ・ドヤ顔を決めて締めくくる。

 この流れを実行すると、世のニセ科学批判者たちに対して自分一人が勝ったことになる。
 以上、「埋める」という言葉を使用してニセ科学批判者たちに勝つ方法であった。
 (この記事は、以下のツイートを読んだあとで作りました)

魔系犬/西保男・自称シャカニセッポニスト on Twitter: "改めて読み返すと日本語グチャグチャだなコレ。「簡単に〜極めて困難」ってなんだよ。あと何回埋めりゃ気が済むのよ。埋めるモノも全部違うし。全体を通して、一貫して「一貫してない」のが凄いよね。
コレは成人の書く日本語じゃないし、普通の神経ならコレは表に出せない。 @itoshunya"