TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『疫学の実は酸っぱいと言ったキツネ』

 空腹のキツネが、『疫学の実をつけた木』を見つけました。
 さっそく取ろうとしましたが、けっこう高いところに実がついているので取れません。

 あきらめたキツネは、くやしまぎれに言いました。
 「あの疫学の実は、酸っぱくて不味いにちがいない」
 「あんなものを身に入れなくても、ぼくは専門家と対等に議論できる気力を十分にもっているのさ」

 【教訓】これは、疫学の知識を持ったニセ科学批判者に議論をふっかけて返り討ちにあっても認めず、「疫学の見地で医療を語るのはだめ、素人の直感こそ頼りになる」と開き直る人に聞かせてあげるお話です。