TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『良いニセ科学批判批判もしていたブロガーと、苛烈なニセ科学批判者』

 Aさんのブログが、苛烈なニセ科学批判者のターゲットになりました。
 Aさんは、自己弁護しました。
 「つい先日、私は良いニセ科学批判批判の記事を公開して、多くの読者から賞賛されました」
 「それなのに、あなたは私のブログにある些細な科学的間違いを取り上げて、これでもかというほどの批判を展開しようとなさっています」
 「あんまりな仕打ちではありませんか?」

 苛烈なニセ科学批判者は答えました。
 「Aさんの言うことには、一理あります」
 「しかしながら、Aさんは長年にわたって、ダメなニセ科学批判批判を公開し続けていました」
 「その行為を、Aさんは恥じるどころか、誇ってさえいました」
 「このAさんの言動を鑑みるに、私が批判をやめる理由は一つもないという結論になります」

 【教訓】これは、「良いニセ科学批判批判は少しだけ、だめなニセ科学批判批判は量産する、それでも自分のことを良いニセ科学批判批判者だとアピールする」というタイプの論者に聞かせてあげるお話です。