TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『ネットモヒカン族的な読者とムラビト的な読者』

 あるネット上に、ネットモヒカン族的な読者を常連とするブログがありました。
 そこのブログ主は、一人のムラビト的な読者であるAさんを、特別ゲストとして招き入れました。

 ブログ主は、読者たちに向かって言いました。
 「ニセ科学問題に関する議論をネット上で行っているとき、科学の素人による的外れな発言は、見過ごして良いか否か?」

 Aさんは言いました。
 「何度も的外れな主張を披露している場合はともかく、少しくらいの間違いならば許してあげても良いでしょう」
 「これは、ニセ科学問題以外の議論の場でも同じことです」
 「玄人が素人と対話するときは、相手の知識不足を一方的に批判せずに、寛容な対応を心掛けると良いでしょう」

 ネットモヒカン族的な読者たちは、違う意見を言いました。
 「許されない。たとえ科学の素人であっても、事実以外を述べてはいけない」

 その後も議論は続きました。
 Aさんが甘いことを述べるたびに、ネットモヒカン族的な読者たちは冷徹なツッコミを入れました。

 何度も集中的な修正を受けたAさんは、悲観しました。
 「ああ、ムラビト的な思考の私がネットモヒカン族と議論すると、このような吊るし上げの目に遭ってしまうのか」

 ネットモヒカン族的な読者たちは、Aさんを教え諭すことに成功したと判断して、今度は互いを批判し始めました。

 それを見たAさんは、心の落ち着きを取り戻しました。
 「ネットモヒカン族の態度に悩むことは、もうやめよう。ネットモヒカン族でさえ、身内でdisり合っているのだから」

 【教訓】この話は、賢いムラビトはネットモヒカン族から鋭いツッコミをもらっても、そのネットモヒカン族が相互批判している姿を見れば、感情に任せた発言を控えやすくなるという現実を明らかにしています。