TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『苛烈なニセ科学批判者と相対主義ブロガー』

 ある苛烈なニセ科学批判者が、ネット上にあるニセ科学擁護論を片っ端から修正していました。
 そうしているうちに、次のような主張をする相対主義ブロガーを見つけました。
 「主流の科学も、絶対ではありません」
 「主流の科学者たちが支持している説も、あくまで現時点では確からしい説のようだと思って支持しているにすぎません」

 「主流の科学が遠い未来に否定されてしまう可能性も、ゼロではありません」
 「ゆえに、今あるニセ科学的な言説を頭ごなしに否定することは、思考が停止しているといえるでしょう」

 それを聞いた苛烈なニセ科学批判者がさっそく修正しようとすると、相対主義ブロガーは釈明しました。
 「この私は、ニセ科学に対して積極的な支持を表明したことなど、過去から現在まで一度もありません」
 「それどころか、世のニセ科学批判者達の大半は、私の主張を聞いていつも笑ってくれています」

 「私の笑えるブログを修正して閉鎖に追い込めば、そのニセ科学批判者達の楽しみが一つ消えることになります」
 「そのような事態は悲しい未来だと私は考えますが、いかがなものでしょうか」

 聞き終えた苛烈なニセ科学批判者は、「一理ある」と納得して帰りました。

【教訓】この話は、たとえニセ科学問題について悪しき相対主義的な意見を述べたとしても、『ニセ科学を積極的に支持するような表明』さえしなければ比較的に平穏なネット人生を送れるということを教えています。