TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『悪しき相対主義者を迎え入れたニセ科学批判ブロガー』

 そのニセ科学批判ブロガーであるAさんは、器の大きな人物という評価を世間からもらいたいと思い、悪しき相対主義者を自ブログに迎え入れて厚遇しました。

 それを見た別のニセ科学批判者であるBさんは、Aさんを批判しました。
 「いったい、なにをやっているのですか!?」
 「そうやって悪しき相対主義者を甘やかしていたら、しだいに調子に乗って、『前フリが長いわりに本論がスカスカで読後に時間の無駄感ばかりが残るコメント』を朝に夕に公開するようになり、」
 「それを見た人々は、Aさんのブログの評価を0にまで落としてしまうんですよ!?」

 【教訓】この話は、悪しき相対主義に魅力を感じて思考に組み込んだ論者は、「どんな議論でも一人勝ちできるのは確かだけれど、なんだか虚しい勝ち方だな、もうやめようかな?」と思っても簡単にはやめられないという現実を明らかにしています。