TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『悪しき相対主義者と、ニセ科学問題を知らない一般人のブログ』

 苛烈なニセ科学批判者から修正されそうになった悪しき相対主義者が、ニセ科学問題とは無縁の一般人が運営しているブログのコメント欄に紛れ込みました。
 それに気がつない苛烈なニセ科学批判者は、他所に行ってしまいました。

 安心した悪しき相対主義者は、ニセ科学問題とは無縁の一般人が運営するブログに向かってコメントしました。
 「ニセ科学とまともな科学は、相対的に同じです」
 「ニセ科学を批判すると、まともな科学を批判したことになります」
 「つまり、ニセ科学批判者たちの正体は、まともな科学批判者だったのです」

 ニセ科学問題と無縁のブログ主は、「一体、なんのこと? 私のブログでは、そのような話は一つもしていないけれど?」と返事しました。
 それを聞きつけた苛烈なニセ科学批判者は、「あのブログのコメント欄に、探していた獲物が居る……」と察知し、駆けつけて悪しき相対主義者を修正しました。

 たくさんのダメ出しをもらいながら、悪しき相対主義者は反省しました。「この仕打ちは当然です」
 「なぜならば、いま居る場所は、『ニセ科学問題を知らない一般人が運営しているブログ』にもかかわらず、私は『いつでもどこでもニセ科学批判批判をしたいの!』という気持ちを抑えることができなかったのですから」

【教訓】これは、ネット上では「ニセ科学批判批判を大いに発表してもよい場所」と「そうでもない場所」があるので、ニセ科学批判批判のコメントを投稿する際に画面をもう一度よく確認しておきましょうというお話です。