TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『悪しき相対主義を丸呑みしたブロガー』

 その主人公であるAさんは、ニセ科学批判批判者たちが集まって議論しているログを眺めていました。
 そのログの中で、一際に目立つ主張を行うBさんが居ました。
 Bさん「たしかに、ニセ科学は間違っています」
 Bさん「しかしながら、主流の科学も100パーセント正しいと断言できる代物ではありません」
 Bさん「ゆえに、ニセ科学と主流の科学は同等に扱うべきという理屈になります」

 それを聞いたAさんは、「よく分からないけれど、高尚な話には違いない」と見込みました。
 さっそくAさんはBさんのサイトを訪れて、全ページを読んで思考に取り入れました。

 次の日、Aさんは自ブログで主張しました。
 「ニセ科学と主流の科学は、同等なんだ」
 「ゆえに、ニセ科学を批判している人達は、まともな科学を批判していることになるんだ」 

 すると、ネットモヒカン族が現れて修正を始めました。
 いままで経験したことのない量のダメ出しをもらったAさんは、気持ちが悪くなりました。

 耐えかねてブログの閉鎖を決めたAさんは、最後に反省の言葉を述べました。
 「僕は愚かだった」
 「Bさんのサイトを夢中で読んだ後、『悪しき相対主義・ダメな相対主義・評判』というワードでネット検索することを、どうして思いつかなかったのだろう」

 『教訓』これは、聞いていて大いに感心したニセ科学批判批判の話であればあるほど、より内容を慎重に吟味したうえで自説に採り入れるべきというお話です。