TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

創作小話『キツネとニセ科学的な言説』

 空腹のキツネが、川の近くのヤブにやって来て狩りを始めました。
 間違って『ニセ科学的な言説』を捕まえたキツネは、「これは食えない」と言って川に流しました。
 『ニセ科学的な言説』は、川下にすごい勢いで流れていきました。

 それを見たキツネは呆れました。
 「やれやれ、ニセ科学の分際で、このぼくを追い越して先に帰ってしまうなんて」

 【教訓】この話は、インチキな説がまともな説を差し置いて社会に流行する状況を例えています。