TAKAMARUのメモブログ

このブログは、主に「dis」というものや「ニセ科学批判批判」というものについてメモしています。

不思議な話『デマ刈りデビル』

 「デマ刈りデビル」とは、あるブロガーのところに現れた謎の生命体である。
 そのブロガーが、「他所のサイトで見かけた科学的に怪しい説」を軽い気持ちで信じて自ブログで肯定的に紹介していると、当然「デマ刈りデビル」が現れて、ものすごいスピードで記事を削除して、速やかに消え去ったという。

 また、「PseuDoctorの科学とニセ科学」というブログでも、投稿直前の記事が突然消えてしまうという現象があったという。

PseuDoctorの科学とニセ科学、それと趣味: 「ホールボディカウンター検査は、受ける必要はない??」に対するダメ出し

 (以下、「6.おまけ」の部分から一部を引用)

普段にも増して長い文章を読んで頂き、有り難うございました
 実は、1/3くらい書いたところで、誤って、なんと、全ての記載を、一つ残らず消してしまいました
 このブログを開設して依頼、最大の失態です
 ていうか、Ctrl+zを1回押したくらいで、これまで書き溜めた記載を1字残らず一瞬にして全部消しちまうんじゃねーよBrogger
 しかも、あまりの事に一瞬固まってしまった私の隙を突いて、すかさず「上書き自動保存」するなんて、一体どういうトラップだよゴルァ
 えぇ、久しぶりに、泣きましたともコンチクショー 。゚(゚ノД`゚)゚
 はっ、もしかしたらこれは、誰かさんの呪いなのではgkbr
 へへーん、でも、ちゃんとこうやって書き上げたもんねー、だ(^-^)/

 

 この場合も、「デマ刈りデビル」の仕業である可能性が高いと言われている。
 ただし、PseuDoctorさんがご自身の記事に向かって「アナザーディメンション」の技を使用した可能性も、ゼロでない。

 いずれにしても、デマに関する記事を書いてネット上に公開しようとすると、「デマ刈りデビル」が察知して来訪するようである。

 読者様も、「さっきまで読めた記事なのに、今は消えている?」という不思議な現象を目撃した際は、
 「あいつが来たんだ……。たったいま、デマ刈りデビルが来ていたんだ!」というリアクションを採ろう。

 「そのようなリアクションはできません」という読者様は、次のリアクションでもよい。
 「デマ刈りデビルよ、私は【個人的な印象を根拠として世のニセ科学批判者たちにダメ出しする記事】を仕上げようとしている。実在するのなら、この記事を感知して消してみせろ!」
 (注:あの『逆襲のシャア』でシャアさんが述べた台詞、「アムロ、私はあこぎなことをやっている。近くにいるのなら、この私を感じてみろ!」風のリアクションである)

 なお、一部の研究者は、17世紀に目撃されていたという「草刈りデビル」と現代の「デマ刈りデビル」は何らかの繋がりがあると考えている。